コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] アポカリプト(2006/米)
- 更新順 (1/1) -

★3お上り映画の体裁が未開への蔑視をある程度は満足させてくれるも、お上りという割には、その地理的前提となるべき村・森・海辺・街の距離感が不明瞭で集落の孤立感も言語が通じてしまうために皆無であり、その辺はマヤ語使用が裏目に出ている。 [review] (disjunctive)[投票]
★4生きるために逃げる。逃げる。逃げる。そして反撃。 [review] (deenity)[投票]
★5因果応報のメカニズム [review] (山ちゃん)[投票]
★4はぁ〜… [review] (田邉 晴彦)[投票]
★5作品の底辺を流れるキリスト教的教義は臭みがあり余計。だが自由への闘争と逃走、未知なるものへの恐怖は非常に良く描かれており、大迫力。素直に凄い。 [review] (Soul Driver)[投票]
★3ギブソンの野望。あるいは妄想。 [review] (甘崎庵)[投票]
★4中盤のピラミッドシーンのテンションが凄い。 (赤い戦車)[投票]
★4すごい映画だ。文句なく興奮した。だけどやっぱりメル・ギブの思想がちょっとひっかかる。 [review] (イリューダ)[投票]
★5マヤの都(有名なテオティワカンも同じような物であったろう)をこの目で見ることが出来た!これが一番の収穫。石切り場から始まり、散在する家、村、町(?)・・・。 [review] (KEI)[投票]
★3縄張り争いも、戦争も、長い目で見たら、ただの痴話喧嘩と変わらない、些細な出来事。 (NAO)[投票]
★4マヤ人のお話しなのに、どう見ても欧米人にしか見えないキャスティングが目立つのは少々がっかり…。だって、日本の時代劇に彫りの深いお侍ばかりじゃシラケません? [review] (ベルガル)[投票]
★4暴力の酸鼻な様は、耐え難いグロテスクさに至る寸前で抑制されているように感じる。が、それにも関らず、この映画はメル・ギブソンの、暴力の哲学を描く手腕の比類なさを示している。 [review] (煽尼采)[投票(4)]
★5眼を背けるな。この圧倒的な生、そして死。 [review] (TM)[投票(1)]
★3バイオレンスより野蛮。 [review] (おーい粗茶)[投票(3)]
★3ハード・ターゲット』以来久々の人間狩りネタ。ゴア描写を堪能。 (黒魔羅)[投票(1)]
★4生きろ。 [review] (CRIMSON)[投票(1)]
★4なんか、イヤなヤツやなぁって思いながら見始めたけど走り出してからは、はまっちゃいましたね。外を見て更に強くなった感じ。あくまでホームならだけど。 [review] (らーふる当番)[投票]
★5ヤバイこととは思いながらも絶妙に手加減されたグロシーンが楽しくてたまらなかった。ズンドコズンドコ小気味よい打楽器が鳴り響き、ときどき現われる見事な俯瞰ショットにも揺さぶられ… [review] (ishou)[投票(4)]
★4主人公に感情移入させるようなつくりでありながら、実は一歩引いた立場で残酷と肉体の美しさを見せるという憎いやりくちである。パウことロナウジーニョが最高に素敵である。 (ハム)[投票]
★5ギブソンが偏執的なのは知っていたが、ミクロに凝結せずに良い意味で拡散し、中盤はコッポラのベトナムの帝国を越えてフェリーニの古代ローマに迫るかとさえ思われた。どうなるのかの終盤も意外な単線構造が凛々しくさえある。侮れない。 (けにろん)[投票(1)]
★4肉だ。肉が詰まっている。メルの脳には溢れんばかりの血と肉が詰まっている。もちろんいい意味で。 (ハシヤ)[投票(1)]
★4マヤのピラミッドシーンのイカレぷりは凄い。そして森の逃走劇も熱い。森と裸の男しか写ってないのにこれだけハラハラさせることができるとは。ファンキーな闘争心と演出力の勝利。 (すやすや)[投票(2)]
★3あの壁画が怖かった。青い生贄達の絶望感を思うと背筋がぞっとします。 (NOB)[投票]
★3緑、緑、緑・・・。ジャングルって多様すぎて、どこ見ても変り映えがしない。同じシーンが続くと退屈する。 [review] (G31)[投票(2)]
★5家族というものの強固な絆・恐怖心・征服欲・そして怒涛の全力疾走等にみられる野性味。これら人間が本来持ち合わせるプリミティブな本能の全開と、疫病に罹った少女の言葉・生贄の儀式・“新しい始まり”といった啓示的なものが絶妙にミックスされ、ノンストップゴア逃走劇一本槍ながら鑑賞後に寓話性も感じてしまう大満足な作品だった。 [review] (クワドラAS)[投票(2)]
★4まさにメル・ギブソンの作品だと分かりますね。キリストの受難を描いた「パッション」とタッチはまったく一緒です。 [review] (セント)[投票]
★4なんちゅう物を作ったんや! なんでこんな物作ったんや! その表現はリアリティがあって凄いけど、テーマがわからん! ラストはほとんど付けたしやし! となぜだか!を付けたくなる映画でした! (プロデューサーX)[投票]
★4設定はただ筋肉流血(ついでにフンドシ)映画を撮るための理由にすぎない。 [review] (かるめら)[投票]
★3生きるという意味や生命の重みを、悪趣味な方法でものすごく強引に見せつけてくる。 [review] (づん)[投票(5)]
★4基本的にワンプロットの映画、その構成とかなりバイオレントな描写に辟易する人も多いのではないかと。ただ後半の逃走劇は素直に面白い、ランボー的なシーンなんかも良かったです。それだけにそこに至るまでが長過ぎ、もう少し尺を絞って欲しかった。 (takamari)[投票]
★3なぜマヤ文明??これでは多少舞台設定が変わった逃走・追跡劇に過ぎない。又は「密林の中でのマラソン大会、命の危険つき」とでもいおうか。これがヨーロッパ人による乗っ取りを招く文明の内部からの崩壊の予兆として活きていれば重厚で面白くなったろうに。 (ツベルクリン)[投票(1)]
★3前半、連れて行かれる過程が長過ぎる。後半は『走れメロス』。否、走るロナウジーニョ。アカデミー賞でメイクアップ賞にノミネートされただけのことはある。獲物の骨欠片や牙をインプラントした風貌は一見の価値あり。逆に言えば、それだけの映画。メル・ギブソン監督の残酷描写な悪趣味は今作も続くわけで。。。 [review] (IN4MATION)[投票(1)]