コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] リーピング(2007/米)
- 更新順 (1/1) -

★1日本で公開する価値無し。 [review] (----)[投票]
★4原題のReap(報いを受ける)の意味をラストでようやく理解。ただ、終盤までは地味に怖かったのだから、ラストも地味にReapして欲しかった。派手なラストにしたため安っぽくなりもったいない。 (ノビ)[投票]
★2キリスト教の世界観は、もういい。わからんから。あの子、『チャーリー』のガム少女ですよね? 悪そうな子だ・・・ (ぱちーの)[投票]
★4イナゴ祭りでしたかね? ところで悪魔マークのデザインが今一つなんですね。女性マーク♀を逆にして失敗した様な感じで。そんな事は、どうでも良かったですかね。アナが可愛いと思う僕は既にロリでしたかね? [review] (IN4MATION)[投票]
★3自分の頭が悪いのか、フラッシュバックにも何の意味も見出せず、淡々と事件は進んでいく。それでもラストに、そうだったのかと思えたのでそれなりに伝わっていたのか?くどい説明にはうんざりするが、あまり説明不足だと興味すら覚えない。噂の虫関係にはさほど嫌悪感は持たなかったものの、虫よりも魅力の薄い人たちばかりが登場っていうのはどうしたものか。 (tkcrows)[投票]
★4フォーガットン、ドリームキャッチャーが好きなおいらには壷です。 ()[投票]
★3風が吹けば桶屋が儲かる的な冒頭のチリにおける産廃不法投棄話がなかなかに面白く、カエルやウシなど生き物達のはじけっぷりにただならぬ予感を受けた前半。でも後半がねぇ…。真相究明に向けての盛り上げ方がイマイチで、神と悪魔の衝突に厳かな空気ってもんが無い。ケータイの使い方もベタ過ぎだ。イナゴもおやつ程度だったとは…。 [review] (クワドラAS)[投票]
★2神とか悪魔とか超常現象とか言ってる割には、そのテの雰囲気(畏怖とか)がイマイチ伝わってこないのが痛い。 [review] (くたー)[投票]
★3事件の真相とエンディングの2段オチで、それなりに見応えはあったかと錯覚させられます。が、お話自体は今まで何となく見たことあるような…でそれほど新味はなし。 [review] (takamari)[投票(2)]
★1聖書に「Pヒルトンが更生する。」とあったらまともになるのだろうか・・・?もしかして「社保庁の気が狂う」とどこかに書いてあったのだろうか・・・。聖書はデスノートでは無いぞ! [review] (考古黒Gr)[投票(1)]
★2全部どこかで見たか聞いたかした話の集大成で、残念ながら新味無し。 でも「イナゴ少女」の将来には期待大! (カレルレン)[投票(1)]
★3あんな卵イヤだ。 (黒魔羅)[投票]
★2主人公は最初は科学的に怪奇現象を解明しようとしていたのに、結局、中盤以降は典型的なオカルト話になってしまい、よくあるホラー映画と変わらなくなってしまった。テレビCMで売りだったイナゴの大群シーンは、あまり期待すると、失望させられる。 [review] (わっこ)[投票(1)]
★3全国公開規模のホラーは久々?起こってることはえげつないが、そこはヒラリー・スワンクだけに、若者が騒ぎまくるホラーにあるような下品さは無い。前提知識というか考え方が日本人に最も縁遠い題材で、本作に限らず悔しい思いをすることが多い。 (ガリガリ博士)[投票(2)]
★3オカルトでもなく、振興の世界を描ききったものでもない中途半端なところが残念。私にもっとキリスト教的素養と基礎知識や信仰心があればまた別な感じ方が出来たのだろうが。 [review] (paburo57)[投票(2)]
★3どの監督もヒラリー=スワンクで綺麗に撮るなぁと感心する。映画の物語は悪い方向に裏切られたパターン。☆3.0点。 (死ぬまでシネマ)[投票]