コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 007 カジノ・ロワイヤル(2006/米=英=チェコ)
- 更新順 (1/2) -

★3集中して観るとリアリティに苦言を呈したくなるのに、集中して観ないと話が理解できないジレンマ… [review] (ぱる)[投票]
★4007シリーズは主人公のジェームズ・ボンドが魅力的でなければ始まらない!そういう意味で、カジノ・ロワイヤルはダニエル・クレイグと共に新生007として最高の船出を切った。 (mitsuyoshi324)[投票]
★5超一級のアクション映画ですな。子どもっぽいスパイメカやマシンが出てこず、肉体こそが007の武器といったところでしょうか。映画見終って車に乗ったら、頭の中に例のテーマソングが鳴り響きました。 (二液混合)[投票]
★3確かにこれまでの『007』シリーズとは、質的に異なっている。 [review] (シーチキン)[投票]
★3何この「最近の子供」向けハードボイルド風な映画は?「ちょっと不器用」風だけど「実は実直」風で、任務よりも「愛してる」風な男を出して、「ニヒルな007」風の「大人のスパイ映画」風のお手軽作品だったわ。 [review] (ヒエロ)[投票]
★2凶暴で感情的なボンドは人間味があるがマジ過ぎて引く…。必須だと思われるスマートさとウィットが欠落しているのも残念。 冒頭のしつこいおにごっこのテンションは笑えたし期待したが、アヴリルメイク女が登場してからどんどん尻すぼみ…。正直ボンドの恋物語はどうでもよかった;; (埴猪口)[投票]
★3最初の殺しさえ乗り越えれば大量殺人鬼になれるってことか。 (黒魔羅)[投票]
★4エヴァ・グリーンは最高に美しいです。 (Passing Pleasures)[投票]
★3当世風リアリズムでシリーズをぶっ壊す心意気や良し。ならば曲芸アクションはともかくとしても,単なる悪運の強さにお話を預けてしまう安直さがそのまんまなのは如何なものか。 (もーちゃん)[投票]
★3冒頭の30分が一番楽しめた。クライマックスはもっと派手にしてほしい。 (赤い戦車)[投票]
★5傑作『007 慰めの報酬』を見た後で本作の DVD を見直したら、細かいところまでよく考えて作られている大傑作であることがわかり、自分の先入観と見識のなさに恥じ入った。リアルでクールな本作は間違いなく007最高傑作。 [review] (サイモン64)[投票]
★4疑問その1:ジェームズ・ボンドが交代する必要はあるのか? 疑問その2:6代目ボンドがダニエル・クレイグ(マッチョ)である必要はあるのか? ・・・その答えは、いずれも実に明確だった。 [review] (カルヤ)[投票]
★4マーティン・キャンベルフィル・メヒューという名前からは本作は想像できない。といってもスタイリッシュな大人の映像、大人の物語なわりにはちょっと無理のある展開。ニール・パーヴィスロバート・ウェイドのコンビにポール・ハギスを混ぜた効果か? [review] (SUM)[投票]
★5007をなめてた。ドーナツ食べながら観れる代物じゃなかった。 [review] (パグのしっぽ)[投票(2)]
★3「ねぇジェームズ、たとえあなたが全てをうしなって、残ったのが笑顔と小指一本だけになってしまっても、私にとっては立派な男よ」「僕の小指一本で何ができるか、知ってるから言えるのかい?」「いったい何ができるの?」「どうしても知りたいかい......?」 [review] (ホッチkiss)[投票]
★5完璧じゃないからこそ愛され、真っ直ぐ過ぎるから格好よく、純粋だからこそ切ない。 ダニエル・クレイグの次回ジェームス・ボンドにどうなるかな? (ドデカプリオ)[投票(2)]
★4007シリーズとは一線を画す、二転三転するサスペンス。骨太でストレートなアクションもGood。 (NAO)[投票]
★4最初の追いかけっこだけで、笑えるくらいすごかった。 (りゅうじん)[投票]
★4冒頭のクレーンと落下運動や終盤の建物の瓦解も悪くないが、アストンマーチンが7回転するクラッシュと続く拷問シーンが傑作。この拷問シーン大好き。7回転のスタントも、こういう細部を志向する、ということが嬉しい。(ただそれでもクラッシュ・シーンとしては『レッドライン7000』のスペクタキュラーに勝ってない。) (ゑぎ)[投票(1)]
★3狭い部屋で毎日コツコツ爆弾作ってる人にあの身体能力はねーだろーがよー。 [review] (はしぼそがらす)[投票(1)]
★4MI6に暴力とセックスが帰ってきた。『007は二度殺してから』『ジェームズ・ボンドの作り方教えます』『Mとボンドの10の約束』なんてね。 [review] (立秋)[投票(2)]
★5ブサイクなダニエル・クレイグが無茶苦茶カッコいい。全国のブサイクに勇気を与えるアクション大作。 (たろ)[投票]
★0お手軽映画ではありません。 [review] (tora)[投票(2)]
★3マッチョで悪人ヅラで拷問に強いっていうのがなんだかゴルゴっぽくて気に入った (TOMIMORI)[投票(2)]
★2殺しのライセンスが自動車免許並みじゃダメでしょう。 [review] (ロープブレーク)[投票(2)]
★5まさか007に5点付けるとは思わなかった。 ()[投票]
★5EUが落ち着いてきたのだろうか?最近のハリウッド映画の脚本の行き詰まりとは裏腹に、俄然ヨーロッパ映画の元気が良い。 [review] (uyo)[投票(2)]
★3ストラディバリウスを貢がれるほど魅力的か?エヴァ・グリーンさんよ。 (りかちゅ)[投票]
★3期待の地平から早々と離脱する肉体の開放感が文系のやせ我慢を包括できたかどうか心許ない。かえってクレイグの素性の同一性を担保し損なったように思われる。ただ体育会系と文系の狭間で両者をつなぎ止めようとする常識の地平(ロンドン)の狼狽振りと機能性は楽しい。 (disjunctive)[投票(2)]
★2他のアクションものに比べて、とりたてて良いとは思わなかった。シリーズを見ていると良さが感じられるのだろうか。 (CROZY)[投票]
★4アクションの王道を行く佳作。カードシーンには少し言いたいこともありますが、支持したい、クレイグのボンド。 [review] (TM)[投票]
★3ポーカー、よくわからんので。冒頭アクションはすごかったけど、ジャッキーみたいな感じで新しさは・・・ (ぱちーの)[投票]
★2カードで悪党と対決という、どう考えてもおバカな設定には、デビッドニーブン版の方がジャストフィットでしょう?カジノの場面は盛り上がらんし、ダニエルクレイグは北欧のスパイにしか見えないし、アストンマーチンに至っては、「そんだけぇ〜っ?!」 (笹針放牧)[投票(1)]
★3あれってリチャード・ブランソンだよね? (NOB)[投票]
★4物足りない敵どもだけど、せわしなく動き回るボンドに脱帽。シンプルさが逆に新鮮かも。 (らーふる当番)[投票]
★4全体としては詰め込み過ぎでだれるがまあいっかという感じ。 [review] (ハム)[投票(1)]
★3一言で表せばダーティー過ぎるボンド。 [review] (ペパーミント)[投票]
★3今までに無いぐらい、悪役の背景が描かれていなかったな・・・・ [review] (Hobbit☆)[投票(1)]
★5血肉の通った生身のボンドに初めて会った。このボンドがあって後のボンド……嫌になるほど優秀で女性と一瞬に浅く戯れるボンド……に繋がるのはいい。この作品があるから後の作品に深みが出ることだろうと思う。 (ムク)[投票]
★3タイトルバックがすっごいかっこ良かった! [review] (まりな)[投票]
★5あれ? なんだか本物のジェームズ・ボンドがいるぞ? [review] (TILL (てぃる))[投票(4)]
★5私の中では、ダニエル・クレイグ=マックイーン復活! [review] (カレルレン)[投票(7)]
★4ダニエル・クレイグの胡散臭さとマーティン・キャンベルの手腕かな [review] (hideaki)[投票]
★3序盤のアクション・シーンは、『トゥモロー・ネバー・ダイ』以来の出来。その後も144分ずっと息もつかせぬ展開だが、テンポ良過ぎて時々意味分からないまま進んでいくし、なんでダニエル・クレイグが6代目ボンドなんだ?['07.4.23新文芸坐] [review] (直人)[投票]
★4過去のシリーズ作品を観たことある人もない人も等しく楽しめる名作。 [review] (BRAVO30000W!)[投票]
★3007は大好き。でもこれはなんだ? [review] (stimpy)[投票]
★3見慣れていないせいからなのか、どーしてもボンドさんが鈍くさいおっさんに見えちゃうんですよね。そりゃアクションとかはすごいけど、なんか立ち居振る舞いにお品がかんじられないっちゅうか。(ごめんなさいね) (K-Flex)[投票]
★5アストンマーチンの走行距離より絶対走っている007。犯人を見失いまた走る007。そして何度も大けがをする007。ボコられ汚れたスーツを着替えたと思ったら、また泥だらけになる007。CGなど多用せず、体一つでぶつかり合う映像は大変面白いしスリリングだ。 [review] (ギスジ)[投票(4)]
★4新しいボンドに拍手! これからどう成長していってくれるのか次回作からが楽しみです。 [review] (ミルテ)[投票(4)]
★5みなさん、「ハンゲーム」ってやったことあります?ネットのオンラインで囲碁とか花札とか、トランプゲームが出来たりするやつ。最近ご無沙汰なんだけど、数年前にハマってやってたときの僕のキャラの登録名は「クレイグ」。もちろんダニエル・クレイグからとりました。 [review] (プロキオン14)[投票(5)]