コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] ドラムライン(2002/米)
- 更新順 (1/1) -

★4成長とはプライドと現実の折り合いを付けていくこと。 [review] (甘崎庵)[投票]
★3断髪式の前のドリフヘアーで失笑、カツラかと思ったら編込みを解くとあーなっちゃうのね。 (LUNA)[投票]
★3定番青春成長モノだけど、随分大雑把なストーリーだな。ドラムの迫力は、自宅のテレビだとイマイチかも。060405 [review] (しど)[投票]
★3ストーリーはホントにどこにでもあるようなフツーの話です。要のマーチングですが、実際に経験者の私には、この古臭いカレッジスタイルではどうにも燃えれませんでした。残念。まあこの映画でマーチングがメジャーになればいいな・・・ [review] (Cadetsファン改めジンガリーLove)[投票]
★3設定は違うけど、僕の中での印象は日本の「ウォーターボーイズ」とぴたり。良い意味でもそうじゃない意味でも...。 (TM)[投票]
★3こんな希薄な人物関係では感動が出来ません。だけど音楽だけは一見の価値あり。これからDVDで視聴する人は絶対に5.1chシステムで聴くべし! [review] (さいた)[投票(1)]
★3松本人志「坊主が罰っていうの、やめてくれへんかな。」 (白羽の矢)[投票]
★4マーチングのシーンで自然と身体が動いてしまった僕の負けです。 (ひこさん)[投票]
★4人間ドラマがやや甘いので感動はアッサリ感だが、会話をするかの様に打ち鳴らされるドラムはそれを払拭するかのような説得力。 [review] (あき♪)[投票]
★3パフォーマンスシーンは凄い。★5を献上したいところだが、映画としての価値を考えるとせいぜい★3どまり。但し、しっかり音を拾って、それを臨場感あふれる配置に加工していることには価値あり。ナマで聴くよりも、映画で聴く方が音はすごいでしょう。 (peacefullife)[投票]
★4ただただ、音ってすごいなぁ。 (Yukke)[投票]
★3上っ面だけのようなドラマに辟易するも、見事なスティック捌きには見とれてしまう。 メイキングのほうが面白いんじゃないか? [review] (トシ)[投票]
★4ただただ、鳥肌。 (poNchi)[投票]
★3精神力と集中力でたたき出す華麗なるビート、これはドラムという名の競技スポーツだ!でもスポーツには栄光はもちろん挫折もほしいやね。『ロッキー』を見なさい! (ゼロゼロUFO)[投票]
★3主人公は天才のなんだから、もっと試練を与えて悩んでほしかった。 (toga)[投票]
★3キャラクター設定と時間配分に難あり。後半の巻き返しも、そこを埋めるまでにはちょっと足りなかった気がします。 [review] (Myurakz)[投票(1)]
★4一番疑問だったこと。 [review] (kazya-f)[投票]
★4マーチングバンド・コンテストの、勝敗というか評価の基準がさっぱりわからないから、その分、単純に音楽と演奏シーンに圧倒され、楽しめた。 [review] (シーチキン)[投票]
★3リズムが命だろうに、ストーリーにまとまりがない。チームワークが命だろうに、スタンドプレイオンリーで「その他大勢」が思いっきり「その他大勢」。無理だよそんなんでいきなりカタルシス要求されても〜 [review] (はしぼそがらす)[投票(1)]
★3makoto7774さんのおっしゃるとおり、鑑賞した音響設備によって評価が大きく左右されるかも。確かにドラム合戦はかっこいいが、それだけでは物語の凡庸さは覆えなかった。余談だけどフロアタムと硬めのバスが弱い。スネアの乾いた高音は飽きが早いので、音のバランスの気配りがもう少し欲しかった。まあ、これは言っても仕方ないんだけど。 (tkcrows)[投票]
★3ブラバンシーン圧巻。是非劇場又は5.1chで観て聴いて欲しい。内容は…主人公甘やかされすぎ。周りの平凡なヤツらが可哀想。 [review] (某社映画部)[投票(2)]
★4ストーリーは先が読めるがドラムバトルは本物だ。さあ、熱く滾るビートに身を委ねろ。[シネクイント/SRD] (Yasu)[投票]
★4後半のバンドのシーンは良かったが、ストーリーは変わり映えのしないいつものヤツです。 (Curryrice)[投票]
★4「One band,One sound!!」分かり易いストーリー。最近の小難しい映画と違って考えることを放棄しても、感じながら鑑賞できる。知らずに身体がリズムを刻む。ただ、スポ魂モノとして致命的なのは、主人公のライバルとなる個性的な人物が学外にいないこと。日本のプロ野球もラッキー7の攻撃開始前に、コレぐらいやってくれれば。。。 [review] (IN4MATION)[投票]
★3何だろうなぁ、そこまでカッコよくはないんだよね。太鼓叩いている時の主人公の顔がホイス・グレイシーっぽい。特に口が。 [review] (マス)[投票(3)]
★4この映画は、観る音響環境次第で評価が変わってきそう。映画館で観たら5点満点つけてしまうかも。もし、テレビの普通のスピーカーで観てたら3点かもしれません。スピーカー買ってよかったと思えた瞬間でした。 (makoto7774)[投票(1)]
★4とにかくマーチング・バンドの演奏シーンはテンションが高くて圧巻! [review] (わさび)[投票]
★3マーチングバンドという題材はともかく、お話はスポ根にありがりなもので新鮮味は全くなし。目玉の演奏は絶対スピーカーにつなげて大音響で聞きたいところですね、TVのスピーカーじゃイマイチでした…。 (takamari)[投票]
★3予告編を観たときには、あんまりかっこよくて気絶しそうになったのに、結局そこだけ。ええ、ドラムタイマンはかっこいいですが。 [review] (月魚)[投票(5)]
★3スポーツさわやかモノはアメリカのお得意である。ただ、ちょっと定番過ぎると思ったのは僕だけだろうか。少年の生い立ち、仲間との葛藤、人種差別等々描きが足りないとは思った。そのため、ラストの感動にまではちょっと遠かったなあ。 (セント)[投票]
★4主人公がとことん捻くれた野郎なのに感情移入できる不思議。ドラムシーンは熱いけど、映画としては熱くない。点数はドラムシーンの凄さと、パフォーマンス中の出演者の目の熱さに 2004年8月7日劇場鑑賞 [review] (ねこすけ)[投票(7)]
★4ストーリーは至極単純、「ありがち」であるが、ドラムラインのパフォーマンスは、めちゃくちゃかっこいい。(レビューは、個人的なことです) [review] (プロキオン14)[投票(3)]
★3スポーツの「応援」の域を軽く凌駕している、そのビートとパフォーマンスに興奮すること必至。響くサウンドに酔いしれろ。 (chilidog)[投票]
★4「オールドスクール」を「オールディーズ」と訳すのは正しいのか?内容は推して知るべし予定調和以外の何者でもないのだが、だからこそここ一番のバンドシーンはアツイ。一番良かったのは誰も不幸にならなかったこと。あ、一人アンラッキーなヤツがいた… [review] (ごう)[投票(4)]