コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] 真夏の夜の夢(1935/米)
- 更新順 (1/1) -

★5原作より数段良い。原作は修辞文ばかりで訳が分からなくなる所がある、が映画はその修辞を映像で見せるので、実に分かり易い。月へ登る妖精たち、クモ糸の打掛け、ベルガマスカの踊り、皆素晴しい。若干長いが、パックの後口上を聞いたら5点にせざるを得ない。 (KEI)[投票(1)]
★5何より三度繰り返される妖精乱舞の長尺シーンが驚異的。ひとつひとつのカットに心血が注がれており、物量投入とスピード感が圧倒的でカット割のリズムが心地好くしばしばシュールにまで至る。フェリーニも宮崎駿もこのレベルには達していない。 (寒山拾得)[投票(1)]
★5ラインハルトとディターレが生んだ素晴らしいファンタジー映画。ハル・モーアの軟調の画面(たえずキラキラ光っている)も凄い。男女4人でのマシンガン・トークは『ヒズ・ガール・フライデー』の先をいっているし、ラスト近く、芝居の後で職工達の足を上げたカットがストップモーションになるのも度肝を抜かれる。 (ゑぎ)[投票(1)]