コメンテータ
ランキング
HELP

[コメント] アンナ・マグダレーナ・バッハの日記(1968/独=伊)
- 更新順 (1/1) -

★3バッハについて何の素養もない自分には、グスタフ・レオンハルトがチェンバロを奏でている画や音楽の希少性すら認められず、映画としての凛とした美しさは十二分に感じるものの、心底楽しめたと言えなかったのが残念であった。 [review] (ナム太郎)[投票]
★4決して単調な画面ではない。各演奏者の動きの微妙な差異。自分が音を出すタイミングをじりじりと計る様子。楽器を触る指の動き。同じようでありながら指揮者の動きも音楽の流れの中で微かに変わってくる。それら人物たちの影。窓から差し込む陽光。風と空の流れる様子。松明の炎と煙の形状。普段我々が見落としてしまいがちな細部の諸要素の美しさを、ミニマルな視点と長回しによってストローブ=ユイレは教えてくれる。 [review] (赤い戦車)[投票(1)]
★4この作品にはストローブ=ユイレと聞いて反射的に身構える我ら映画マニヤが求めるような寓意も政治性も含まれていないように思われる。あるのは純粋な音楽への愛着、偉人への畏敬と共感であり、画面への評価は幕間の何其れ以上に演奏シーンに於ける揺ぎ無き即物性に対して行われるべきではなかろうか。いずれにせよ、画面にばかり執着して楽曲の展開を聞き漏らすようなら、居眠りするのは必定。 (町田)[投票(1)]
★4ひたすら眠くなるけど、それがキモチイイ。 (_)[投票]
★3映画の理想としての音楽。 [review] (ジェリー)[投票(1)]
★5「むしろ海と呼ぶ事が相応しい」とゲーテをして言わしめた漢の伝記にふさわしく、幕間に必ず波打ち際の映像が入る。 [review] (ゴルゴ十三)[投票]
★0ワタシが生涯で観た映画の中で、おそらく最も難解な映画。全編ほとんど後ろ向き(チェンバロ弾いてるから)のバッハ。ほとんど声しか登場しないバッハの奥さん。いったいこの映画を作った真意は・・・?クリスティアーネ・ラング=ドレヴァンツのドイツ語の発音の美しさにうっとり。 (ジョー・チップ)[投票]